非抜歯 裏側矯正 マウスピース 噛み合わせ 公式 富岡矯正歯科 東京都 台東区 上野  マウスピース矯正 顎関節症 抜かない 痛くない 講習会 セミナー 無呼吸 姿勢矯正 肩こり くいしばり 歯ぎしり  見えない矯正 リンガル いびき ストレートネック レジンアップ法 ドライマウス 不定愁訴 側彎 コンダイルガイドオクルージョン 咬合

トップページ > 60歳以降の方の矯正

60歳以降の方の矯正

60歳以降の方の矯正法(歯の温存の為の矯正)

歯周疾患があった歯が動揺(ゆれてグラグラする事)していると、一般的に矯正治療は良くないと言われております。
確かに、ワイヤーだけで歯を移動させるには、歯を移動させる事は注意すべき事も多く、歯の動揺(ゆれ)を大きくさせてしまう事も考えられます。しかし、歯の動揺(ゆれ)には実はかみ合わせが大きく関係している事が多く、歯を長持ちさせるには、良い噛み合わせと、なめらかな顎の動きを保つ事が大切で、その治療法として、矯正が必要と考えております。歯に加える矯正の力に注意して治療すれば歯の安定を再構築でき、歯の温存につながります。治療法はいろいろございますが、現在当院で治療されていらっしゃる方は、当院独自に開発しました、クリアアジャスター法(歯に透明な装置をかぶせる取り外し可能なマウスピース矯正法です。)とレジンアップ法(歯に直接装着させて、盛り上げる方法です。)で治療中の方が多いです。治療はその方のご希望・症状・状態に合わせて行います。治療法につきましては、わかりやすくご説明させて頂きますのでご安心下さい。又、かかりつけの一般歯科に通院中の場合はそちらの先生とお話をし、治療方針の連携をとりながら、行ってまいります。

具体的には、次の症状を改善させることができます。

 ぐらぐらしている歯をできる限り温存したい。
 入れ歯がすぐにガタつく。
 噛むのが、とても遅く、噛みにくい。
 噛みきれない。
 発音が悪い。
 腰が悪く、ぎっくり腰になったことがある。
 歯ぎしり、くいしばり、突き上げ噛みがある。
 口を開ける時、顎の痛みや音がする。
 受け口である。
 出っ歯である。
 顎のゆがみがある。
 すきっ歯である。

歯の動揺が強く、保存が不可能に見える歯でも、噛み合わせの負担を軽減させてあげることで、少しでも長く歯を保存してあげる事ができます。

現在の歯の状態に不安をお持ちでしたら、一度ご相談にいらっしゃって下さい。


(2018/08/16)