【公式】 富岡矯正歯科 矯正歯科 非抜歯 マウスピース矯正 顎関節症 台東区上野 富岡矯正歯科 抜かない 痛くない 噛み合わせ 東京都

トップページ > 歯を抜く欠点・利点

歯を抜く欠点・利点

歯を抜く欠点・利点

当院ではできるだけ歯を抜かずに矯正する事をモットーにしております。できれば歯は抜かないほうが良いと思います。ほとんどの方は、抜かずに治療が可能です。抜かないで治療する方法をわかりやすくご説明させていただきます。現在、患者様の多くは抜かずに治療されています。ただし、美的な面では多少違ってきます。「矯正治療で抜かなくても良い治療ができた。」「噛み合わせがよくなった。」と、私が思っても患者様サイドでは美的な面でご満足されない場合もあります。また私から見まして、治療の経過を見て「抜かなければ少し口元が出て見える。」「歯並びが綺麗に揃わない。」と思われる患者様もいます。その時は、様子をみながら、今後どのように進めていくか患者様と相談して治療方針を決めます。このような場合、抜かないで治療をし、治療途中で改めて抜歯治療を始める事になりますので治療期間が長くなります。その点はご了承ください。こちらからも始める前にわかる方にはご提案致します。

<歯を抜くデメリット>
・歯や顎への負担が大きい(歯の移動量が大きい)
・本来の歯がある位置を超えて別の歯があった場所まで移動するため、無理な負担を強いる事になるので歯根等に吸収が起こりやすい。
・抜歯スペースが開きやすくなるので、保定期間に後戻りとして、すきまができる。(歯が元の位置に戻ろうと変化する為)
・舌の入る容積が極端に狭くなる事で舌を後退させてしまい、発音や呼吸などへの悪影響や後戻りの原因になりやすい。
・舌の後退位による気道の狭窄が起こりやすい。

<歯を抜かないデメリット>
・特に歯のサイズの大きい人は、口元の位置があまり下がらない場合がある。(美的な面での満足を考えた場合)
・上下の顎の大きさが極端に違う時は、噛み合わせを改善しにくい場合もあり、抜歯が必要。


(2015/03/09)