非抜歯 裏側矯正 マウスピース 噛み合わせ 公式 富岡矯正歯科 東京都 台東区 上野  マウスピース矯正 顎関節症 抜かない 痛くない 講習会 セミナー 無呼吸 姿勢矯正 肩こり くいしばり 歯ぎしり  見えない矯正 リンガル いびき ストレートネック レジンアップ法 ドライマウス 不定愁訴 側彎 コンダイルガイドオクルージョン 咬合

トップページ > 歯を抜く欠点・利点

歯を抜く欠点・利点

歯を抜く欠点・利点

当院ではできるだけ歯を抜かずに矯正する事を基本方針にしております。できれば歯は抜かない方が良いと思います。ほとんどの方は、抜かずに治療が可能です。抜かないで治療する方法はわかりやすくご説明させて頂きます。現在、当院の患者様の多くは抜かずに治療されています。ただし、美的な面では多少違ってきます。「矯正治療で抜かなくても良い治療ができた。」「噛み合わせがよくなった。」と、私が思っても患者様サイドでは美的な面でご満足されない場合もあります。また私から見まして、治療の経過を見て、「抜かなければ少し口元が出て見える。」「歯並びが綺麗に揃わない。」と思われる患者様もいます。その時は、様子をみながら、今後どのように進めていくか患者様と相談して治療方針を決めます。このような場合、治療途中で抜歯をして、改めて治療を始める事になりますので抜かないで治療しました期間と合わせますと、治療期間が少し長くなります。その点はご了承下さい。こちらからも始める前にわかる方にはご提案致します。ご自身の大切な歯ですので、抜歯をするにあたっては何事にもあわてず、ゆっくりとよくお考えになってお決め頂く事をおすすめします。


<歯を抜くデメリットになりやすい理由>
・歯の移動量が大きいため本来あった位置から大きく別の歯の位置へ移動するため歯や顎への負担が大きく、歯に無理な負担を強いる事になります。(歯の寿命に影響が出ます)
・抜歯した部分をぴったりと歯でつめる事はできない方もいらっしゃり、保定期間に後戻りし、すきまができる場合がございます。
・舌の入る容積が極端に狭くなるので舌を後退させてしまう可能性があります。舌の位置が悪くなる事により後戻りの原因にもなりやすく将来的には、また噛み合わせが悪くなる事もあり
ます。そして、気道に影響がでる事もあります。
・舌に力が入りやすくなり、不定愁訴が発現する事もあります。
 上記につきましては、全ての方に適応するのではなく、個人差がございますが、「なりやすい」 とお考え下さい。

<歯を抜かないデメリットになりやすい理由>
・(美的な面での満足を考えた場合)特に歯のサイズの大きい人は、口元の変化が少ない場合があります。
・上下の顎の大きさが極端に違う時は、歯を抜かないと、噛み合わせを改善しにくい場合もあります。


(2018/08/16)